【駄記事】いつのまにかPagesが縦書きに対応していた件

Pagesで縦書きはできない。テキストボックスを設置して並べるしかない。と言われてましたが、久しぶりにPagesを開いて遊んでいたら縦書きに対応していることに気がつきました。

縦書き、横書きは文化の違いで欧米や他文化では圧倒的に横書きが主流のようで、確かに外国の新聞なんかは横書きになってますよね。Pagesが縦書きに対応するまでは、有料ソフトをインストールする必要があるとか言われてましたが、いつかのアップデートのおかげでその必要もなくなりそうです。

Pagesの縦書き設定は非常に簡単

これが通常の設定の場合の文章。青空文庫から引っ張ってきましたが、丸ごとコピーするとルビ文字が大きくなって崩れるので冒頭だけにしました。

①右側のサイドバーの書類を選択して、縦書きテキストのチェックを入れるだけです。

え・・・?これだけ?

段数の指定も可能です。A4サイズだと一段で縦読みは難しいので、文字のサイズを大きくするか、二段か三段に分けて書くほうが読みやすいのではないでしょうか。

ePubでの書き出しも可能

ePub形式で書き出すこともできました。これで電子書籍専用リーダーを使って閲覧が可能です。

試しにiPhoneに送信してみました。これがそのスクリーンショット。

段組みは削除されるので注意。

表紙は出力の際に入力したタイトル著者で、画像の指定も可能。

Amazonによれば画像の最小寸法は1000px×625px以上推奨とのこと。

2ページ目の上部にあるタイトルはPagesで直接入力したものではありません。ePub形式で出力したものを読み込むと自動で表示されるようです。

文字の大きさも読みやすく丁度良いです。

僕は小説を書く人ではないんですが(ズコーッ!)こうやって書いてみるとそういった意欲も沸いてきますね。なんちゃってノベル程度なら、何不自由ありません。

あま酒
はじめまして、あま酒です! 大学在学中に日本史、世界史や文化に目覚め、寺社や城郭巡りもしています。並行して先祖調べもやってます。 当ブログは日本史をサブテーマとした雑記ブログです