【不登校】経験者が語る。学校に行かないメリットとデメリット。

某不登校系ユーチューバーが小学校を卒業され、この春から中学生です。

ご卒業、進学おめでとうございます。

早速中学校行かない宣言をされてるみたいでツイッターその他で盛り上がりを見せていますね。

彼の言動行動はたびたび話題に上がります。不登校経験者の僕でも疑問に思う点があるので、学校に行かないメリットとデメリットについて考えていこうと思います。

不登校の理由は人それぞれ

一応大人は子供に学校に行くように促す義務はありますし、積極的に不登校を容認すべきではありません。不登校になる理由はさまざまです。いじめとまではいかなくても閉鎖的な社会の中でストレスを感じて嫌になってしまう、最悪の場合、精神疾患の危険性も高まるわけです。

もちろん精神状態に異常があるのであれば、学校がどうこうの問題ではありませんから心療内科に行ってカウンセリングを受けて適切な治療をすべきです。

「宿題忘れで担任とトラブル」「親や教師のいうことをハイハイと聞く周りがロボットみたいで怖かった」といった理由から不登校になったそうです。宿題忘れによるトラブルの件では体罰があったそうなので、先生側に非があることは確かです。後者のロボット云々については彼による学校への抵抗です。抵抗の意志があるのなら、不登校になるために大層な理由なんかいらないのです。

某YouTuberの親はまだ反抗期なのか?

自分が不登校になったときは周囲には反発しまくりましたし、成績通知表はビリビリに破りました。

が、自分に子供がいたとして、いざ不登校になったとしても、とりあえず「学校には行きなさい」とは言います。一人だけ特別扱いで校長室で卒業式が開かれて、渡された卒業証書を破いたら叱ります。

某YouTuberの親は彼の不登校を容認している点が多くの批判を集める理由のひとつなんですよね。

「周りの子供がロボットに見えて怖かった」と言ってますが、親のロボットとして商売道具にされているのではないでしょうか?

「学校なんか行かなくても良い」は親のセリフではないのです。

子供が不登校になったときに親に求められることは、まず子供の心に寄り添った対応です。しかし「学校に行かなくていい(勉強なんかしなくてもよい)」と現状のすべてを容認してしまうことも危険だということです。精神面で支えつつ、できるだけ子供が真っ当な道を歩めるようサポートする。言ってみればダブルスタンダードの難しいバランス取りが求められているのです。

学校に行かなかったことを後悔した瞬間

僕の不登校歴は中高合わせて一年と大学の一年。今回は前者の経験を話しましょう。

まず一つ目は単純に勉強にかなり遅れが出たこと。

不登校になって2ヶ月くらいして親が家庭教師をつけてくれました。

中学校では1限から5限までありますよね。その間に英国数理社と専門科目があって、それぞれの教員免許を持った先生方が教えてくれるわけですが、家庭教師や個別塾では所詮大学生のバイトなんです。しかも科目を絞っているから一点集中型になりやすい。

一人一人の苦手分野を見てくれるという点では優れてますが、全体を把握しなければ苦手の本質も見えないのです。

僕なら大学に入ってから日本史の本を読み漁りましたが、そうすると漢文や古文にも興味が湧いてきます。新たに知ったと思っていた知識が周りは当然知ってることであったりするので、学ぼうとすればするほど常に自分が無知であることを思い知らされます。

数学や英語も必要になる都度、イチから学び直さなければなりません。

小中高の勉強は大事ですよ。

二つ目は同年代の人たちが何をやっているのか分からなくなること。

勉強よりこっちの方がデカいです。

家に引きこもるにしろ、外に出てフラフラと遊び歩くにしろ、同年代の常識が分からなくなってしまうのが一番のロスだったと思います。

大学に進んで自己紹介をすれば「部活は何をやっていたの?」と聞かれるし、夏休みに友人が帰省して、地元の友人とワイワイやっていると、違う人生を送っているなと気づきます。

不登校のメリット

周りが見えなくなってしまう恐ろしさがある反面、自由な時間を手にすることができます。

理由はどうあれ、不登校は誰しも経験するものではありません。

一般的な人生を歩んできた方からみれば怠け者の烙印を押されるか異質な存在として見られることは覚悟しておきましょう。

しかし、デメリットばかりではないのです。

不登校になり中学校、部活、クラスから解放されると

「〇〇中学校、一年A組、△△部のあま酒(私)です」から

「XX歳のあま酒(私)です」に変わるのです。

より個を自覚する機会が多くなります。

大きなレールから外れてしまったことによってその後も自ら選択する機会が多くなります。

なんでみんな高校を目指すんだろう?大学を目指すんだろう?と、普通の人からすると、超どーでもいい疑問をイチから考え直すことになります。

そこで義務教育のありがたみを再確認してみるのもアリですし

本来なら教えてもらうはずのことを能動的に学んでいく姿勢を身につけることもできます。

暇。

不登校はメチャクチャ暇です。

昼過ぎに起きて、ご飯食べてダラダラとゲームをするだけで、就寝はAM3時頃。

変な夢も見て寝汗もかきます。

夜になると頭が冴えるので、ちょっぴりプログラミングっぽいことをやってみたりすると意外と楽しいのです。

閉ざされた世界に引きこもるな

反発にしろ、いじめにしろ(学校へ)行かなくて良い自由がある」のは事実。

行かせる義務がある、行く権利がある。それだけの話ではなく日本全国の同年代の人間と違う選択をするということは、それなりのロスも覚悟しておくべきだと思うのです。

かなり雑というか暴論になってしまいましたが、本当にそうなのです。

高校デビュー、大学デビューを機に学校に行けるようになる人も一定数はいます。

今は人生の充電期間と捉え、前に進むことを想定しておいて損はありません。

強く生き抜きましょう。

 

あま酒
はじめまして、あま酒です! 大学在学中に日本史、世界史や文化に目覚め、寺社や城郭巡りもしています。並行して先祖調べもやってます。 当ブログは日本史をサブテーマとした雑記ブログです