モーニングルーティン、ナイトルーティンを決めて睡眠時間を安定させよう!

どうも、あま酒です!

コロナ禍で外出のない日が長く続き、大学の試験期間も終わってしまいました。

一日中寝るか食べるかゲームをしています。

それで睡眠時間がズレていって、日の出と共に就寝して正午過ぎに起きる…なんて日がずっと続いてます(笑)

いや、働けや!って思いますけどね、ハイ。

最近気付いたのがモーニングルーティン、ナイトルーティンを決めておくと時間潰しにゲームをやることもなくスムーズに眠れることに気づいたので書いてみたいと思います!

僕のモーニングルーティン

朝起きたら、まずベッドの上で動きまくります。

寒いとダルくないですか??

まずは血行を良くするために奇行をします(笑)

起き上がったら、ベッドメイキング

かけ布団を整えて枕を正しい位置に戻しておくだけです!

これだけでも二度寝防止になるし部屋も綺麗に見えるのでQoLが若干マシになります。

次は犬の散歩。マスクをつけるしウンチしたくなるから身支度朝食は帰ってから。

顔を洗ったら化粧水で保湿して着替えておく。以上。

ベッドの上で動きまくるのとベッドメイキングをしっかりやっている人は周りにはいなさそうなので書いてみました。

僕のナイトルーティン

葉っぱが詰まった紙で巻いてあるやつ(大人の事情)吸ってるんですけど、あれって髪が濡れてると匂いがつきやすいので髪は必ず乾かしてから吸います。それか風呂上がったらすぐに歯磨きをしてしまうか…

寝る前の時間こそ静かに過ごしておくと心の余裕が違いますよ

というか、僕自身落ち着きのない子なのですぐに頭が冴えて眠れなくなってしまうのでできるだけ優雅に過ごすように心がけています。

アロマディフューザーのタンクを洗って、アロマオイルと水の補充

加湿器と間違えて買っただけです、アロマ男子ではありません(笑)

電源をつけて、香りが広がる間に手書きで日記を書きます。

液晶を眺めるよりははるかに目が休まりますよ。

あとは観葉植物に水やりをして、布団に入ります。

以上!

定着するまではある程度のズレは許容するのがコツ

布団に入ってから眠るまでの時間が長くなればなるほど眠れなくなるのはわかってますよね。

僕がはじめに実践したことは、ゲームとテレビは0時まで、1時までと決めておく。

無理ならミッションの開始(ゲームの)はその時間まで、決めた時間を過ぎたらかはつるみはしない等

眠れる時はテレビを見ながらでも眠れますよね?ブルーライトは確かに睡眠の質は落としますが、入眠が辛い時に無理して我慢するのも大変だと思います。大事なのは、朝早く起きておくこと。

これだけでも寝つきは格段によくなりますよ。

今、渋沢栄一はもっと注目されるべきだと思う。

2021年大河ドラマ『晴天をけ』の主役となる渋沢栄一、2024年度には新紙幣の肖像を飾ることが決まっています。

僕の尊敬する人物の一人であり、いま注目されるべき人物だと思っているので非常に喜ばしいことです。

渋沢栄一といえば。

渋沢栄一といえば何が思い浮かびますか・・・?

まずは長年のベストセラー『論語と算盤』ですね。

大河や新紙幣の決定もあっていろんなところから出版されていますね。

それから幕臣、官僚、銀行、大企業、実業家…etcと様々な顔を持ち日本の資本主義の発展に携わっていました。今の大企業の社訓や理念を覗いてみると彼の士魂商才の考え方がいたるところで取り入れられていることがわかります。

『論語と算盤』

古くから日本ではお金儲けに対する負のイメージを持つ人々が多くいました。

権力(武力)が富(金銭)を独占するのを防ぐためであったとも言われています。そのため武士はお金に執着せず、貧しくても清くあるべきだと考えられていたのです。

一方でお金を稼ぐ商人たちは藩や幕府にお金を貸すことはあっても、武士のような権力を持つことは”原則”としてはありません。中には献金郷士のようにお金で武士の権利を買う商人もいましたが、それについてはまた今度。

本題に戻りましょう!

渋沢栄一の『論語と算盤』では二つの軸を中心に話が展開されていきます。

一つ目は「論語(道徳)」、二つ目が「商売」

長いこと道徳と商売は両立しないと思われていましたが、彼は論語の一節を引用して、道徳と商売が両立することを証明しました。

「子の曰く、富と貴きとは、是れ人の欲する所なり。その道を以ってこれを得ざれば、処らざるなり。貧しきと賤しきは是れ人の悪むところなり。其の道を以ってこれを得らざれば、去らざるなり。(以下略)」…巻第二 里仁第四 五

「孔子は言うには、お金と高貴な身分は誰でも欲しがるだろう。しかし、正しい道の結果得られたとしたら、それにすがることもない。貧しさと卑しい身分は誰しも嫌うだろう。しかし、真っ当な方法でそうなったのなら、去ることもしない。」と言っているのです。

まず、お金と高貴な身分を欲すること自体は否定していません。

真っ当な生き方を捨てて金と権力に溺れることを戒めているのです。

そのほかにも論語で言われていることはビジネスに応用できるので是非読んでみてください。

2024年度より一万円札の肖像に!選定されたワケは?

  • 日本国民が世界に誇れる人物で、教科書に載っているなど、一般によく知られていること。
  • 偽造防止の目的から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物であること。

(独立行政法人 国立印刷局)

それから明治以降の文化人であることなどの条件から渋沢栄一が選ばれたわけです。

山川日本史を開いたところ、明治維新と富国強兵の章でたった一行触れられているのみでした。個人的にはもっと注目されるべき偉人だと思っています。

今の日本で渋沢栄一が再評価されるべき理由

マスクやPS5を高額で転売している人々は「違法じゃない。買い手がいるから問題がない」と言い訳しますよね。それが正しいか間違っているかなんていくらでも理屈はこねられますよね。

プレミアがついたクラシックカーと同じだ!という人もいえば生活必需品を法外な値段で売るなんて!という人も。まさに矛と盾です。

その人たちは30円のものを500円で、5万円のものを20万で売って小銭を手にするわけですが、極端な利己主義者が溢れかえると徳のない世の中になります。徳のない世の中はお互いに騙し合って最終的には人を不幸にさせてしまう。

日本人の倫理観を疑いたくなるような出来事を多く耳にする今、渋沢栄一が注目されることでお金に対する考え方に良い刺激を与えてくれるのではないでしょうか。

【wordpress】Googleサーチコンソールにサイトマップを送る一番簡単な方法

こんにちは、あま酒です!

Googleサーチコンソールへの登録について以前紹介しました

使い始めてみると検索流入のキーワードやアクセス数がみれて非常に便利になりました

左側のリストを見ると『サイトマップ』という項目があります

サイトマップとは?

Webサイトを見ていると一目でサイトの全体が確認できる表のようなものがどこかに書かれていると閲覧者にとって非常に便利なんです

これと同じものをGoogleのクローラーにも読みやすいものを作っておくとSEOにも役に立つようです

他にも形式はあるようですが主に『sitemap.xml』ファイルが使われます

sitemap.xml Editor サイトマップを自動生成してくれる便利なサービス 

.xmlファイルってことはエクセルかなんかで作れるのかな?生成できるWebサービスはないかな?

探してみたらこんな便利なサービスがありました

http://www.sitemapxml.jp

これで生成されたsitemap.xmlをダウンロードして、ドメインの置かれているディレクトリにアップロードしておきます

WordPressは自動で生成してくれる!

なんとwordpressは自動生成してくれるらしい!

WordPressで作られたサイトURLの末尾にsitemap.xmlと入力して飛んでみると・・・

https://ドメイン名.xxx/wp-sitemap.xmlにリダイレクトされます。さすが。

このURLをコピーしておきます

サーチコンソールを開いてからやること

さきほどのサーチコンソールのリストの中からインデックス→サイトマップを選択します

そうすると画面の中央に「サイトマップのURLを入力」と出てくるので、sitemap.xmlがアップロードされたURLかWordpressが生成してくれたサイトマップのURLを入力します

これでOK!

「取得できませんでした」(取得→確認?)のようなメッセージが表示されてましたが、僕の場合は少し待ってみると取得に成功しました

以上です!

御朱印とスタンプラリーの違いは?参拝しなければ意味がない理由。

 

こんにちは、あま酒です!

昨年の改元のときはオークションでとんでもない価格がつけられた御朱印がみられました。中には季節や行事限定の御朱印を発行している寺社もあり、期間限定に惹かれる気持ちもわからなくないのですが、御朱印は参拝しなければ意味がないのです

御朱印とスタンプラリーの違い

神社やお寺を回って収集するやり方はスタンプラリーと似ているかもしれませんが本質的に違います

スタンプラリーをすべて埋めると景品がもらえたりしますよね。名所や駅を巡った思い出の証として残りますが、御朱印は一言でいえば思い出だけではなく神様が宿っているのです。

御朱印の起源

写経(仏教の教えのお経を写すこと)をお寺に納めた証として受け取る形で室町時代末期から江戸初期に始まったというのが定説です

現在の寺社でも初穂料を納めなければ御朱印は貰えません

ご祈祷・写経(一部)の証として受け取る御朱印には神様や神様の力が宿っていると考えることもできます

寺社に参拝し、初穂料を納めて御朱印をいただく流れが重要なのです

オークションでお金に換える、購入はみっともないからやめよう!

自分の祈りをお金に換える、見栄のために参拝もしていない寺社の御朱印を購入してしまって良いのでしょうか?

神様を信じる、信じないあるいは信じ方は人それぞれですが非常にみっともない行為です。絶対にやめましょう。

新米ブロガーがツイッターを運用してもあまり効果がないかもしれない

こんにちは、あま酒です!

数ヶ月前にブログ専用のツイッターアカウントを開設しましたが、ほとんど使っていません

理由は以下の二点

  • 起業系・投資系から変なDMがくる
  • ブロガー同士で繋がっても長期的な集客は難しい(特に雑記ブログ)

僕のツイートやマーケティングのやり方に問題があるのは確かです。じゃあどこに問題があったのか?どのように行えば良いのか噛み砕きながら反省していこうと思います

ブログの趣旨にあったツイートを心がけること

趣味やプライベートの友人相手に公開しているTwitterやInstagramのフォロワーにもブログを運営している方がいます。僕はそのリンクを踏んで定期的に彼らのブログを読んでいます。

なぜなら、読みたい情報がそこにあるからです

同じ趣味の人たちに対して宣伝しなければ読者の獲得には繋がらないということ。

雑記ブログでツイッターの運用が難しい理由はそこにあります。ブログを手段としている人たちが集まってもお互いのブログを読んでも興味の対象はブログ運営アドセンス収益関連の記事であって、深々と内容を読んだり定期的な購読に繋がることはあまりないように思えます

一番フォロワーの多いアカウントでやればいいじゃん?って結論になりそうですが、あくまで匿名でやるつもりでいるので別の方法を考えます

ツイッターが先、ブログは後の方がいいかもしれない

メインのアカウントでブロガーからフォローをいただいても正直あまり嬉しくないのが本音です

フォローを返した瞬間にフォロー解除されることは目に見えてますし、ツイート内容がほとんど記事のシェアだとウンザリします。営業のような文体で話しかけづらい。こんな人ばっかりだから記事をシェアしても、供給と供給があって需要がない状態ですよね

もちろんこのままブログの更新は続けますが、SNSの運用はしばらく見送ることにします

もし今後SNSを運用する機会があるならブログのURLはプロフィールページに留めておいて、プロフィールに誘導してからブログに来てもらうような流れにしたいと思っています

まずは人を受け入れてもらえないとブログが読まれない

という結論でした!

本を読むことはそれほど重要なのか?読まないデメリットはあるのか?

こんにちは、あま酒です!

友人のクルマにカバンを預ける時に中身を整理していたときのこと

本は遊びに必要ないから預ける方に移し替えたんです

そしたら「へぇ、本なんて読むんだ」と言われて衝撃を受けました

「え、読まないの?」と思ったのはナイショ。

僕の本棚には日本史・日本文化関連のほかにも本がたくさんあって、家族には読書家だと思われてるかもしれないのですが、人前では一切読まないしSNSにも共有しないのでイメージがなかったのでしょう

「読書をしない人は〜」とよく言われてますが、正直、情報なんてネットで知ればいいんじゃない?

Wikipediaで調べて不安なら裏付けをすればいい。

読書をすることで自分が変えられるか?豊かな人生を送れるのか?

そんなことは一切考えてませんでした

ブログでアウトプットしてみる良い機会だと思ったので書いていこうと思います

「無知は罪なり」のつづき

古代ギリシャの哲学者の言葉「無知は罪なり」は有名ですが、続きがあります

「無知は罪なり 知は空虚なり 英知持つもの英雄なり」

日本語に訳すと「無知だと損をする。知識だけでは意味がない。学びを活かせる者こそ英雄である。」でしょうか、少し長くなりましたね

有名なこちらの風刺画の左側から、無知は罪なりおじさん、知は空虚なりおじさん、英知を持つもの英雄なりおじさんです。おじさんの足元に積み上がっている本は彼らの読んだ本たち

一人目はタペストリーに描かれた幻想を取り憑かれ現実がみえていない、二人目は理不尽な現実、三人目には青空が見えています

あなたならどの世界を見ていたいですか?

本を読んで変わったこと

人生ではじめて読んだ活字本は小学生の頃に学級文庫にあったクワガタクワジ物語。主人公に飼われているクワガタが亡くなるのシーンで泣きました。当時飼っていたカブトムシをどれだけ幸せにできるのか、放してあげた方がよいのかと幼心にいろいろと考えさせられた記憶があります

小学校の朝読書で強制的だったから選んだだけで、その後数年間はマンガと雑誌しか読んでません

高校に入ってから歴史や文化関連の本を読み始めて、受験や大学の課題で役に立ちましたし、史跡や神社仏閣に訪れてみると知識があることでより深みを感じられることも増えました

知識を養うことで新しい視点を獲得することができるのは間違いないでしょう

小説は選び方がよくわからなくて、好きな有名人のオススメを読んで面白かったら同じ作家の作品を読んでいます

小説を読み終えたあとの感性が研ぎ澄まされるような感覚(?)を言葉に表現すると、読書の知的で冷静なイメージとは対照的に右脳が活発になるのに近いでしょうか。これも人生を豊かにしてくれる大事な要素だと思います

本とネットで得られる情報の質は異なるのか

物語

小説を読んでから、ドラマ化された作品を観ていると「なんか違う」と思うことはありませんか?

頭の中で映像化された世界とはギャップがありますよね

物語を追体験するということでは共通していても、頭の中で想像をするかそうじゃないか大きな違いがあります

自分が知らない他人の人生を一人称視点で経験できるメリットもありますね

普段の生活で縁のない人から見える世界を想像で補ってみると新鮮な体験をすることができます

知識

書籍では一つのテーマについて横断的に触れられているのが大きな強みです

例えば、幕末の薩摩藩主の父・島津久光について書かれた本では幕末史に限らず万寿年間(1024-1028)にさかのぼって島津家の誕生や、戦国時代の他の武将について等語られています

歴史上の人物を考察するためには当時の社会や他の人物の書物からも推測しなければならないので、一人の人物のWikipediaを読むだけではもの足りないのです

脳みそにデータを格納するだけでは歩く辞書と言われるだけです。知識や経験を結びつけて心持ちや今後の行動に良い影響を与えられれば知識も活かせるのだと思います

まとめ

本を読むor読まないで人生にそんなに影響が大きいとは思っていなかったのですが、新しい視点想像力他人の経験・意見を取り込むことで視野が広がることに気づきました

能動的に理解することに慣れると、人間関係も良好になります

本=頭でっかちというイメージを持っている方もいるかもしれませんが安心してください。

読書くらいで頭でっかちにはなりません。頭でっかちは本なんか読まなくても頭でっかちです。

お風呂にスマホを持ち込むのをやめた理由

こんにちは、あま酒です!

iPhoneに録画した番組を入れてお風呂で観る。なんて優雅なことを今までやっていたんですが、数日前くらい前からお風呂にスマホを持ち込むのをやめました

なぜお風呂にスマホを持ち込むのか?

iPhoneSEから8に変えて防水性能がアップしてお風呂にスマホを持ち込むようになりました

シャンプー中に思い浮かんだアイデアを書き留めることもできるし、録画番組や動画も観れる、音楽も聴ける…とQoLが格段に上昇しますよね

※ちなみにiPhone8の防水性能はIPX7で一時的に水没しても内部に水が浸水しないというだけで、継続的に水没している状態では保証されません

風呂でスマホを触らないメリット

どちらかといえば持ち込まない方がベターだと最近気づきました

だって遊ぶためですよね?沈むリスクを考えても遊びたいかと言われると微妙です

ちゃんとお風呂での使用が想定されてるならまぁいいんですが、一日中PCに向かっていてお風呂でも画面を見たくないんです

お風呂ではお風呂を楽しむ、余計な誘惑に惑わされない余裕を作ってQoLをさらに向上させましょう

睡眠改善への第一歩

『寝る前に液晶画面を見ない方がよい』

『寝る1〜2時間前までに風呂に入った方がよい』

はよく言われています

お風呂に入るタイミングで画面を見ることをヤメて目を休め、一日を振り返ってみて風呂上がりに手書きで日記を書いて寝るスタイルに変えてみてはどうでしょうか

手書きで日記を書くメリットはこちらで紹介しています

手書きで日記を書くメリットを紹介する

【ブログ運営】身バレを前提に書くことは大事だと思った話

こんにちは、あま酒(@tzuyuray)です!

最近、ある記事をカテゴリーごと削除しました

そこそこアクセスもあって収益の数%にはなっているかなと思っていたので残念です

これ以上書いていいのかな…?黒歴史にならないかな…?と思いながらビクビクとブログを書くことはもうやめました。一定の基準を作って、書くネタ、書かないネタをハッキリと分けることにしました

身バレして困る記事は絶対に書かない方がいい!

我々は人間なので考えたことや経験のすべてを隠し通すことはほぼ不可能です。そしてすべてを晒け出して生きている人もいないと思います

新しい趣味が増えてから接する人たちも多様になってくるにつれて、波風立てないほうが幸せだなと思うことが増えてきたのです。信条があって胸を張るほどの価値があるのなら堂々と主張したらいいのでしょう。僕はそのジャンルについて主張することに本気にはなれません

なぜ身バレするのか?

友人や知り合いと性別、居住地、趣味、言動が一致すればだいたい雰囲気でわかりますよね

わざわざ探す人もいないとは思いますが、偶然見つかる可能性もあるわけです

実は、このブログのアクセス数の半分を集めている記事に僕がSNSにあげた画像が使われているんです。定期的に話題になることで検索ランキングもありがたいことにトップをいただいてます

同じ写真が使われていて文体が一致すればもうダウトですよね笑

あと、僕のiPhoneのカメラに傷が入っているのでそれに気づいている人がみれば一発です

身バレして困る記事はどんな記事?

公にしていないことをどこかの誰かが知っている気持ち悪さに耐えられなくないですか??

僕の場合は持病についてです

持病ってなんのこと??と聞かれると非常〜〜〜にメンドクサイので、言いたくないのです

元バイト先への上司への愚痴はどっかで書いてますが、本人に直接言いたいくらいなんで見つかっても何も困ることはありません(ネチネチ

最悪バレてもいいと思った方が楽だよ

顔出しや実名でブログを書くのはなかなか勇気がいることです

だからこうしてハンドルネームで書いているんですが、ブログを辞める気はありませんし、自意識過剰だけど、いつかは誰かにバレる可能性もゼロではありません笑

身バレの例を耳にするたびにそこだけは慎重になった方が今後楽になるのではないかと思いました

【日本人の精神】新渡戸稲造『武士道』を読んだ感想。

原書の英文にチャレンジしたかったが、本屋で翻訳版の武士道を見つけて購入。

非常に読みやすく二、三日かからずに読み終わったので色々書いていこうと思う。

新渡戸稲造と武士道について

1862年(文久二年)、新渡戸稲造にとべいなぞうは南部藩の用人を務めた新渡戸十次郎の三男に生まれる。札幌農学校で農政学を学び、アメリカ、ドイツに渡り、カナダで最期を迎えている。

彼は留学先のドイツのボン大学でベルギー人のラブレー教授に出会った。日本人の道徳観についてラブレー氏は「あなたがたの学校では宗教教育がない、とおっしゃるのですか」と新渡戸にたずねた。

そこで新渡戸が「ありません」と答えるとラブレー氏は困惑したそうだ。

宗教なしにどのようにして道徳を学ぶのだろうか?

また、新渡戸自身も困惑した。道徳を学校で教わったわけでもなく、どのようにして道徳観を育んだのか?深く分析し追求した結果、武士道であるという結論に至った。そこで彼はBushidoを著し、日本人の価値観を世界に広めたのであった。もちろん原書は英文で書かれている。

彼は武家の生まれでありながら、札幌農学校に入学した翌年には洗礼を受けクリスチャンとなった。本書の中では、日本に伝わる中国古典や神道的な価値観と旧約聖書、欧米社会の理念を対比しながら武士道について説明している。

1984年発行 D五千円券の肖像に採用される

文化人として日本国民の間に馴染み深い人物となった機会だと思う。

まだ僕は生まれていない頃、彼は五千円札D号券の肖像として採用された。

財務省より(「現在有効な銀行券」:日本銀行ホームページ(PDF:531KB 

年数も浅く発行量も多いので残念ながら価値は五千円のままだ。

なぜ今、武士道なのか?

武士道(Bushido)の第一版が刊行されたのは1899年(明治32年)。

文中では武士道が失われつつあると語られており、当時もいまと同じように「最近の若者は・・・」と言われていたのだろうと想像した。

三笠書房で出版されている本のキャッチコピーは「いま人は 何を考え、どう生きればいいのか」となっている。

自分は士族の流れを汲む先祖を持つが、残念ながら僕は真面目でもないし、多弁で落ち着きのない、自分には非常に甘い。武士のような生き方とは真逆であると思う。

日本人としてある感情を失いたくないとも思っている。人に優しく、正しさを心がけ、礼儀正しく、賢く、上を敬い、人を信じること。これは儒教の八徳のうちの仁義礼智忠信だ。

儒教と聞くと古臭く説教じみた雰囲気が感じられるが、その思想は長い年月をかけ日本人の心に深く浸透している。我々の普遍的な常識を因数分解してみると、その根源は神道、仏教、そして儒教にあるのかもしれない。

今まで自分の犯してきた失敗や己に克つことができなかった場面を改めて振り返ると、胸が痛くなる。これからの生き方のヒントを少しでも得たいと思い、本書を手に取った。

最後に

本書が欧米に向けて日本人の価値観を広めるために著されたことを頭の隅に置きながら読み進めると面白い。

欧米の政治家や哲学者、旧約聖書のエピソードと武士道と比較した例をみていくと、表面的な違いは多くあっても突き詰めると人のあるべき姿の本質は変わらないことに気付く。

終身雇用の時代は終わり、働き方をはじめとした様々な物事の転換期にあるいま、経済的な理由でグレーな商売に手を出してしまう人もいる。このコロナ禍ではマスクの不当な転売が話題になった。

法律には違反していなくても道理に反する例を見かけることは少なくない。

資本主義経済の現代において利益を生み出さずに生きることは難しい。拝金主義に陥ることなく、経済と道理の両立が健全な経済を成り立たせるということは渋沢栄一も述べている。

この令和の時代に改めて武士の生き方を見習う価値はあるのではないかと思う。

なぜ我々はマインクラフトをやめることができないのか

マイクラ歴がついに5年になりました_(:3 」∠ )_

といっても受験期で息抜きにクリエイティブで小さな家を作ったり、時にはガチでエンダードラゴン倒しにいったりなんとなくでダラダラと続けてしまっています。

マインクラフトが好きなのか?と聞かれたら間違いなく大好きです。

頭の中に浮かんだモノが大抵再現できてしまうからです。

友達の面白い写真をドット化してマイクラで再現してインスタにアップして笑いを取るのもアリ、ピストンで村人をピョコピョコ出して射撃ゲームにするのも面白いです。

まぁそんなんで遊んでて、ようやくサバイバルをガチでやり始めたらそれはまた面白い。

ただ、時間が膨大に奪われるのでやることが山ほどある今、いい年した男がブロック遊びにハマってしまうのもどうかと思うのです。

ゲームの中の生活

第一に『ゲームの中で生活してる』んですよ。しかも睡眠と食事もゲームの中でやってしまっている。もっと広い家に住みたい。あの海の向こう側に行きたい。っていう日常的と非日常的の境目にあるような願望も実現できてしまう。

ただの真っ白なブロック(石英)を使うだけでも、鉄を集めてバケツとツルハシを作って、ダイヤを取りに行って、黒曜石を作って、ネザーゲートを作って掘りに行く。

新しくワールドを作ってから丸一日はやること尽くしです。

あと拠点のすぐ近くに牛や豚がいると「ンモー!!(ドスドス)ンモー!!(ドスドス)」「ブヒブヒ!」ってうるさいから少し離れた場所で育てる。そこまで行くのに貴重な鞍を手に入れて馬を手なづけるかレールとトロッコが必要でしょ。

アイデアがアイデアを呼ぶ

サバイバルで作り直したワールドはかなりの範囲を整地しました。展望台の上から見下ろすと視界に収まりきらない範囲です。でも、整地した範囲で立っているのはまだ倉庫のみなんですよ。

巨大な都市を構想していてフレンドさんも来るので、センスのないもので埋め尽くすのがイヤでクリエイティブで試作してみてから実行に移すようにしています。

そしたら今度はクリエイティブで納得のいくまで作っては壊しを繰り返しているうちに、

「あれ?このアイデアは別の建物に使えるんじゃないか??」ってなって気づいたら建物が乱立してしまっています。

僕はサバイバル派なのでクリエイティブで試作してみて良いと思ったら、フレンドに見せるためにサバイバルで本建築に入ります。

やめるタイミングが本当に掴めない

夕方になって陽が沈む風景はバニラ(MODやテクスチャを変更していない状態)でも十分美しい。

暗くなったらいよいよファントム狩りの時間である。

プレイヤーが三日間寝ないと変な鳥が上空をウロチョロし始めて、攻撃してくる。これが結構ウザいんですが、弓矢を使うのがすごく好きでソイツを撃ち落とすのが快感ですね。

モンハンでも良くね??って思いますよね?

マイクラだと家に籠って肉を焼いたりしている間にツイッターを眺めたり、ながらマイクラが出来てしまいます。大学の講義がオンラインに移行してからは聴きながらマイクラをやるのが日課です。笑

アクションゲーやレースゲーはそれが不可能です。

で、ファントムを撃墜するとファントムの皮膜をゲットできる。それを使ってエリトラの修理をするのはモンハンに通ずるものがあるかもしれない。

夜が明けたら森林の開拓に行ってしまう。本当にやめるタイミングが掴めない(´・ω・`)